通信教育による小学生期の英語教育

ニュース

2014/03/04
学童期を更新
2014/03/04
地方語を更新

最近の投稿

学習の場

kyouikuhenka

小学生の学習の場には小学校以外に、塾、家庭教師、通信教育等があります。
それらを選択する理由は様々あります。
例えば、私立の中学校の受験のため、学習能力の底上げのためなどが主な理由です。
ゆとり教育が終了し学習指導要領が見直されたため、学校以外の学習環境への需要が高まっています。

特徴

塾、家庭教師、通信教育にはそれぞれ異なった特徴が存在しています。
塾に関しては、特に地域色が強く全国チェーンの学習塾以上に人気の高い地方限定塾などもあります。
基本的に、先生1人に対して生徒多数という授業方式が多く、多人数に教えることを得意とします。
家庭教師は、大手企業数件が日本中で大きなシェアを持っています。
基本的に、先生一人に対し生徒1人という方式をとっている事が多く、少人数に教えることを得意とします。
通信教育の場合は、大手の数社が用途に合わせて住み分けがなされています。
用途とは、中学受験用テキストや学習能力の底上げ用テキストなどと言ったものです。
基本的に自主学習を主とするため、自分で勉強する力を助長することを得意としています。
月謝に関しては一般に塾、家庭教師、通信教育の順番に高いとされています。

tihougo教育変化

現在、日本の教育は大きく変化を見せています。
ゆとり教育を取りやめ、学習範囲をもう一度増加させるように方針転換されたためです。
変化は実際に教育を受ける子供のみならず、学校の先生にもあります。
新たな研修が課せられています。
なぜなら、現在の学校現場ではゆとり教育世代の若い教師も増えているからです。
学校の先生自身が学習範囲を把握しきれていないため、新たな研修が課せられます。